動物介護士通信教育のおすすめ

飼い主の中には高齢化や老老介護など、どうしても飼えなくなった人たちも多くいます。しかし、動物介護士に関する正しい知識やスキルを持っていないこと、看る時間がないことなどを理由に、安楽死や自治体への持込などを選ぶ人たちもいます。これまでは各自治体も引き取り、殺処分をしてましたが、平成25年9月に動物愛護法が改正され、飼い主が最後まで看取る責任が明文化されたことにより、引き取りを拒否できるようになったのです。こうした社会背景から、高齢化するペットへの介護・ケアの普及と老犬(老猫)介護ホームの必要性が急速に高まっているのです。

ペット業界は、急速に市場規模が拡大している成長産業の一つ!中でも、ペット介護市場は、今一番の注目の産業です。動物介護ホームの中には、介護サービスだけでなく、”トリミング”や”ペットアロマ”など、多彩なサービスで差別化するお店も増えてきています!そこで、キャリカレでは、確実に「スキルアップ」&「複数資格」がゲットでき、しかも「お得」に学べる「セット講座」をご用意!+αのスキルを身につければ、多彩なサービスを提供でき、独立開業だって自信を持って実現できます。

老犬・老猫への介護スキルに加え、グルーミングや犬種・体型にあわせたプロのトリミング技術を身につけることで、いつまでもペットがカワイイまま♪。ずっと仲良く暮らしたいあなたに!

ペットシッターの延長線には、動物介護があります。本講座は、一般社団法人日本ペット技能検定協会認定「小動物介護士」「小動物看護士」「ドッグシッター」の3つのライセンス取得し、ペットの実情に合せた介護サービスを提案、ペット介護のスペシャリストである動物介護士を目指します。

ペットの健康を守るための知識、動物看護を基本に犬の老化ポイントや、実際の現場で食餌・排泄の介助、飼い主と介護士との接し方まで網羅しています。

通信制でありながら、一般社団法人日本ペット技能検定協会の認定講座で、サポート体制も万全。通学コースと比べ不利な点は全くありません。 ペットビジネス全般に対応できる知識を身につけることで開業のチャンスも広がります。

動物介護士&動物介護ホーム責任者W資格取得講座の特長
────────────────────
キャリアカレッジジャパンの『動物介護士&動物介護ホーム責任者W資格取得講座』は、動物介護をはじめて学ぶ方や、毎日忙しく決まった勉強時間が取れない方、働きながら学びたいという方でも、ムリなく学んで資格を取得できる工夫が満載の講座となっています。

(1) 標準学習期間たったの4ヶ月
現役の獣医師が監修した本講座だけの特別カリキュラムは、動物介護に必要な知識とスキルを無駄なく効率的に学習することができます。だから、はじめて学ぶ方でも、わずか4ヶ月で動物介護のスキルをマスターすることが可能です。

(2) 分かりやすさを実感できるオリジナルテキスト
テキストは、専門用語をやさしい言葉に噛み砕くなど、理解のしやすさに徹底的にこだわっています。また、フルカラーのイラスト&図解も満載で、動物介護を学習する上でハードルとなる、専門的な老齢期の犬・猫の行動の変化や食事療法、病気の種類、介護の効果などの内容も、写真とイラストでわかりやすく学べます。

(3) 自宅での本格的な講義を可能にする映像教材
映像教材では、動物介護の実践的なテクニックを、講師が一つひとつ丁寧に解説しています。また、テキストと連動しているので、専門的な知識を理解しながら、現場で即活用できるスキルを身につけることができます。
さらに、TVやパソコン、タブレット、スマホなど、自分の都合に合わせて見る方法を自由に選べるので、時間や場所にも左右されません。

動物介護士の高齢化

 

犬が老いを迎える前にできること
犬の老化に向き合う日々を迎えるために、健康チェックと応急処置を学ぶことはとても大切なことです。
どんな犬でも必ず老いは訪れます。何もしないで老いを迎えた犬といつかくる老いに備えた犬とでは、高齢期を迎えた時に大きな違いがでてきます。
そして、老化のサインにいち早く気づいて生活環境の工夫を始めることが生活品質の向上につながります。
介護とは福祉の心をもってともに過ごすことなのです。

老犬ホームひまわりが監修した専門講座
つくばわんわんランドで、長年にわたり老犬介護を行なってきた動物看護師が得たノウハウをもとにわかりやすい専用教材を監修、制作しました。
愛犬の高齢化問題に手助けを行ない、悲しい思いをされている飼い主様に手を差し伸べることができる老犬介護士を目指します。

活躍が期待される職種や取得資格について
主な活躍の場
老犬ホーム、老犬シッター、動物病院、ペットホテル、ペットショップ他

より輝くトリマーになるために
トリマーに対する需要はますます高まっています。その上で、トリマーに対して求められるものもよりハイレベルになっています。
単なるカットだけではなく、個体に合ったスタイルの創出とペットの個性を引き出し、魅力を演出できる総合プロデューサーであること。
それが、これからのトリマーの理想像なのです。
そういった中であなたが、トリマーとして輝いていくには単にトリミング技術の習得だけではなく、動物看護などに関する知識を学ぶ必要があります。その意味でペット美容学科は、これからのトリマーとして生きていくための実践的な知識と様々な現場で光るスキルをトータルにスピーディに学ぶことができる唯一の通信講座といえます。

動物看護学を身につける意義
数あるペットに関する仕事の中でも最もペットに触れることの多い職種はトリマーと言えるでしょう。
だからこそ大切なペットをお預かりしたときに病気やケガなどの健康面のトラブルに気づき、適切な対応ができるように身につけておきたいのが、動物看護に関する専門知識なのです。
このスキルを持ち合わせていることであなの持つ一流のトリミング技術はより信頼されるものになるでしょう。

最近では一般通学で学ぶトリマーの専門学校においても、動物看護学が必須科目になっているところが多くなってきています。このような背景からも日本ケンネルカレッジでは、トリマーを目指すすべての
受講生たちに動物看護学の大切さを訴えています。

活躍が期待される職種や取得資格について
主な活躍の場
動物病院、動物園、ペットショップ、動物関連企業、ペットアドバイザー、インストラクター

飼い主が投げたフリスビーに愛犬が一直線に走って行き、空中で見事にキャッチ!そして、フリスビーを咥えて誇らしげに飼い主の元へ戻る犬と、犬をよく褒める飼い主。そんな光景をドッグランや公園などで見たことはないでしょうか?それがフリスビードッグです!

おもちゃをくわえたまま愛犬が戻ってこない?
フリスビードッグ
ボール遊びをしても投げたボールを愛犬が追いかけて、捕まえた場所で一人遊びばかりして戻ってこない、なんてことはありませんか?

本講座ではフリスビードッグの練習の過程でボールでの練習を行いますので、愛犬と遊ぶ時にありがちなこのような困ったことも解決が出来ます。飼い主と遊んで欲しくてボールをくわえて持ってくるようになると、犬との遊びがより楽しくなることでしょう。

動物介護士になる

私は動物が大好きです。

最近みたテレビで、動物介護士と動物看護士というのがあることが分かりました。

この二つの違いは何なのかよくわかりませんが、ちょっと取得したいなと思いました。

動物介護士の方が簡単そうですが、難しいです。

統一認定試験は協会が認めたカリキュラム(専門・短大・大学)を卒業見込のものに受験資格が与えられます。

通信講座の動物看護は誰でも取得出来ます。

他の民間の場合、勤務歴3年以上なら高卒でも受験可能・誰でも受験可能・認めたカリキュラムがある学校卒業見込で受験可能
の3択です。

まだ世の中の動物病院では動物看護の資格無し、高卒以上の求人も存在します。
動物病院で動物看護士として働く事ができたら、資格がなくても動物看護士と扱う病院もまだあります。

動物の介護もお願いされて一応介護業務もありますが
介護士ですとニーズが無いので動物業界では1番仕事が無い部門だと働いて感じます。
3ヶ月に2回依頼が来るか来ないかのレベルです。
ちなみに私はトレーナーの資格を専門時代に取得しましたが
就職がかなり大変でした。

又民間資格なので正直
未経験ok無資格okの所で動物業に勤めて実務経験こなせば転職する際も有利です。資格重視では無いと感じています。
私はトレーナー資格のみですが
動物病院で勤めて勉強会などにも参加して頂けていて色んな知識がついています。
動物看護師又は介護士として将来努めたいのであって尚且つ金銭的に裕福でないのであれば正直専門はお金と時間の無駄だと感じます。
私も助手レベルなので専門が完全に無駄では無いと思いますが
学校へ通うのであれば
獣医師かトリマーをオススメします。
又民間資格なので正直
未経験ok無資格okの所で動物業に勤めて実務経験こなせば転職する際も有利です。資格重視では無いと感じています。
私はトレーナー資格のみですが
動物病院で勤めて勉強会などにも参加して頂けていて色んな知識がついています。
動物看護師又は介護士として将来努めたいのであって尚且つ金銭的に裕福でないのであれば正直専門はお金と時間の無駄だと感じます。
私も助手レベルなので専門が完全に無駄では無いと思いますが
学校へ通うのであれば
獣医師かトリマーをオススメします。

動物の介護もお願いされて一応介護業務もありますが
介護士ですとニーズが無いので動物業界では1番仕事が無い部門だと働いて感じます。
3ヶ月に2回依頼が来るか来ないかのレベルです。
ちなみに私はトレーナーの資格を専門時代に取得しましたが
就職がかなり大変でした。